お菓子・スイーツ

SUNAOのアイスは体に悪い?人工甘味料や添加物など成分を詳しく解説!

アイスなのに糖質オフされている「SUNAO」のアイスは、ダイエッターや女子達にとって、頼もしいスイーツですよね。

私もちょくちょく買っては、NO罪悪感で食べています。笑

 

でもね、ちょっと気になるのが、SUNAOのアイスって、ダイエット的には嬉しいけど、体にとってどうなんだろってこと。

人工甘味料とか添加物とか大丈夫?成分はどうなってる?

SUNAOのアイスが体に悪い・・なんてこと、ないよねぇ(((;´•ω•`;)))

 

というわけで今回は、SUNAOのアイスは体に悪いか否かを徹底調査!

SUNAOのアイスの人工甘味料や添加物、成分などを詳しく調べてみました。

SUNAOのアイスは体に悪い?人工甘味料は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

うさこ(@y2020_spiddm)がシェアした投稿

 

SUNAOのアイスには「スクラロース」と呼ばれる人工甘味料が入っています。

スクラロースとは

  • 砂糖に似た甘みがある
  • 砂糖の約600倍の甘みがある
  • 体内で代謝や分解などされずに、排出される(血糖値に影響を与えない)

などの特徴がある人工甘味料になります。

 

これだけ聞くとスバラシイ甘味料なんですが、実はこのスクラロースは農薬を開発している途中で発見された物質になり

  • リンパ腫になる可能性がある
  • 白血病になる可能性がある
  • 甘みを強く感じる為、常習性がある

などとされて、体に悪い人工甘味料であるとも言われているんです。

 

ただ!

先程お話ししました通り、体内で代謝&分解されることなく排出される他

  • リンパ腫や白血病になる可能性については、因果関係を示す論文などはない
  • 世界で50ヶ国以上で使用が認められている人工甘味料である
  • 日本でも1999年の7月に厚生労働省が食品の添加物として使用を認めている
  • 缶ジュース15~25本分の量であれば安全(当然、SUNAOアイスにはここまでの量は入っていません)

などとされています。

 

なので、SUNAOアイスを1日にひとつ食べる程度であれば、この人工甘味料が体に悪い影響を与えるとは考えにくいとも、言われているんですよ(⑅•ᴗ•⑅)

 




スポンサーリンク







SUNAOのアイスは体に悪い?添加物は?

SUNAOのアイス(バニラ)の原材料を見てみると

乳製品(国内製造、オーストラリア製造)、食物繊維(ポリデキストロース)、豆乳、還元水あめ、植物油脂、乳等を主要原料とする食品、卵黄パウダー、バニラビーンズシード/香料、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、甘味料(スクラロース)、カロチン色素、(一部に卵・乳成分・大豆を含む)

引用元:https://cp.glico.com/sunao/products/

香料、安定剤、乳化剤、カロチン色素などの添加物が含まれていることがわかります。

けっこう添加物が入ってる印象を受けますが、これはSUNAOのアイスだけでなく、ラクトアイスであれば、たいてい使われている添加物になります。

 

また、通常食品に使われている添加物は

  • 国際基準で「毎日摂取しても体に悪い影響を与えることのない量」と決められている
  • 日本の法律で「上記の国際基準に沿うこと」を義務付けられている

など、添加物の使用については、かなり厳しく制限されているんです。

もちろん、SUNAOのアイスの添加物量はこの基準内です。

 

さらに厚生労働省による「食品添加物」を見てみると、食品に使われる添加物は

  1. 食品安全委員会が添加物の安全評価を行う
  2. 健康への悪影響がない「1日摂取許容量(ADI)」が各添加物に設定される
  3. 薬事・食品衛生会議において厚生労働省が審議・評価して、使用量や使用基準を設定する

というしっかりとした管理&流れのものと、使用が許されています。

 

こう見ると、私は「添加物は入っているものの、そう心配する必要もないのかな?」という気がするんですが、皆さまはいかがでしょうか・・

ただ、SUNAOのアイスには「植物油脂」が入っていて、この植物油脂が体に悪いという話しをよく耳にします。

そこで、植物油脂について、詳しく調べてみました。

植物油脂は体に悪い?

植物油脂がなぜ体に悪いのかといいますと、植物油脂には「トランス脂肪酸」が含まれていて、このトランス脂肪酸は過剰に摂取すると

  • 脳梗塞
  • 動脈硬化
  • 心疾患
  • 悪玉コレステロールの増加
  • ガン
  • 糖尿病

などのリスクが高まると言われているんです。

WHOでは摂取量の上限を定めていますし、外国の中には使用を制限している国もあります。

 

これを聞くと「100%体に悪いでしょ」と思ってしまいますが、日本においてはこのトランス脂肪酸の摂取量は制限はされていません。

それはなぜかといいますと、農林水産省による「すぐにわかるトランス脂肪酸」によると

  • どのトランス脂肪酸が体に悪い影響を与えるかの科学的な情報がない(トランス脂肪酸には種類がたくさんあります)
  • トランス脂肪酸が体に悪いという研究結果は、脂質を多く摂る食生活の欧米人のもので、脂質の摂取が少ない日本人には当てはまらない

などがその理由。

 

要は「日本食を中心にバランスが摂れた食生活が基盤にあれば、多少トランス脂肪酸を含む物を摂取しても体に悪い影響は与えないよ」ということですよね。

ただ、トランス脂肪酸(植物油脂)は、SUNAOのアイスだけでなく、マーガリンやカレールウ、市販されているパンなどにも含まれています。

さらに、最近は日本においても食の欧米化が進んでいます。

 

SUNAOのアイス1個分であれば、体に悪い影響はないと思われるものの、日頃からトランス脂肪酸(植物油脂)は摂取し過ぎないように気を付けることも、大切なのかもしれませんよね( •⌄• )◞




スポンサーリンク







SUNAOアイスは体に悪い?成分は?

SUNAOアイス(バニラ 120ml)1個あたりの成分は

・エネルギー 80キロカロリー

・たんぱく質 2.7g

・脂質 4.4g

・炭水化物 19.9g(糖質 8.0g、食物繊維 11.9g)

・食塩相当量 0.1g

・カリウム 125mg

・水分含有量 56.1g

・リン 71mg

https://cp.glico.com/sunao/products/

 

炭水化物が19.9gも含まれているますが、そのうち食物繊維が11.9gと半分以上を占めているので、糖質やカロリーが大幅にカットされているのがSUNAOのアイスの大きな特徴になります。

 

一般的なバニラアイス1個(200ml)の糖質量は30g前後、カロリーは300キロカロリー前後になりますから、SUNAOのアイスは体に悪いどころか、ダイエット中や糖質が気になる方に嬉しいアイスと言えるんです。

 

また、食物繊維には腸内環境改善効果がありますから、便秘解消→デトックスにつながり、ダイエットや美肌効果も期待出来ますよ(ღˇᴗˇ)。o♡




スポンサーリンク







SUNAOのアイスで血糖値はどうなる?

SUNAOのアイスを食べると、血糖値はどうなるのか。

先程お話しした通り、通常のアイスは糖質がたっぷり含まれていますから、食べると血糖値が急激に上昇します。

ところがSUNAOのアイスは、糖質が抑えられているので、食べても血糖値の上昇が穏やかなんです。

 

私達の体は、血糖値が急激に上昇すると

血糖値を下げようと膵臓からインスリンが分泌される→インスリンが血中の糖分を脂肪に変えてしまう→脂肪が体に溜まる

という作用が働きます。

これが糖尿病や太る原因に繋がったりするわけです。

 

血糖値の上昇が穏やかであればこの心配はない為、SUNAOのアイスは「安心して食べれるアイス」になるんです。

血糖値の急激な変動は、糖尿病や太るだけでなく、気持ちが不安定になるなどの精神的な面への悪影響を及ぼす可能性もありますから、注意することが大切なんですよ。

SUNAOのアイスのカロリーや糖質は?

次に、SUNAOのアイスのカロリーや糖質を見ていきましょう。

現在(2021年5月)、SUNAOのアイスは

コーンタイプのアイス

  • チョコ&バニラソフト
  • かさね抹茶

カップタイプのアイス

  • バニラ
  • ストロベリー&ラズベリー
  • マカダミア&アーモンド

モナカタイプのアイス

  • チョコモナカ

の6種類販売されてます。

 

それぞれのカロリーや糖質は(全て1個当たり)

カロリー 糖質
チョコ&バニラソフト 120キロカロリー 9.1g
かさね抹茶 97キロカロリー 9.2g
バニラ 80キロカロリー 8.0g
ストロベリー&ラズベリー 80キロカロリー 8.1g
マカダミア&アーモンド 80キロカロリー 6.7g
チョコモナカ 110キロカロリー 8.6g

 

他のアイスのカロリーや糖質も見てみると(全て1個当たり)

カロリー 糖質
明治 バニラソフト 192キロカロリー 25.1g
MOW バニラ 230キロカロリー 29.5g
チョコモナカジャンボ 302キロカロリー 34.1g

 

すごい違いですよね!?

カロリー糖質ともにSUNAOのアイスは、かなり抑えられているんですよ☆

体に悪いアイスと体にいいアイスの差は?

体に悪いアイスと、体にいいアイスの差はどこにあるのでしょうか。

やはり、植物油脂や人工甘味料、添加物などができるだけ使われていないアイスが「体にいいアイス」と言われています。

SUNAOのアイス1個程度の人工甘味料や添加物の量であれば、体に悪い影響を与える心配はなくても、できれば摂取量は抑えた方が体にはいいよね・・ということです。

 

でね、実はひとことに「アイス」といっても、乳固形分や乳脂肪分の量によって種類が3つに分かれるんです。

こちら・・

乳固形分(乳製品の中の水分以外の部分) 乳脂肪分(乳固形分の中の脂肪分)
アイスクリーム 15.0%以上 8.0%以上
アイスミルク 10.0%以上 3.0%以上
ラクトアイス 3%以上

(※かき氷やアイスキャンディーなどは、氷菓といってアイスではなく一般食品になります)

 

アイスクリームのように乳固形分や乳脂肪分が多いと、そのままでなめらかなミルク感が強いアイスになるんですが、ラクトアイスのように乳固形分や乳脂肪分が少ないと、そのままではミルク感がないアイスになってしまうんです。

 

その為、ラクトアイスには、乳固形分や乳脂肪分の代わりに「植物油脂」を使ってミルク感やコク、なめらかな食感を出し、さらには人工甘味料や添加物が含まれているものも多くあるんです(ちなみに、SUNAOのアイスはラクトアイスになります)

 

なので、

植物油脂や人工甘味料、添加物ができるだけ使われていない、いわゆる「体にいいアイス」を選びたい場合は、「アイスクリーム」と書かれているアイスを選ぶのが◎!

さらに、原材料を見て、あまり色々入っていない(読みずらいカタカナのものとかネw)、シンプルな原材料のアイスを選ぶのがおすすめですよ・・ってことで、次に「体にいいアイスのおすすめ」をご紹介したいと思います(`・ω・´)ゞ

体にいいアイスおすすめはコレ!

ハーゲンダッツバニラ

 

ハーゲンダッツのアイスは種類が「アイスクリーム」になり、原材料が

クリーム(生乳)、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄、バニラ香料

と、とてもシンプルな安心アイスになります。

 

カロリーや糖質は、1個当たり

  • カロリー:244キロカロリー
  • 糖質:19.9g

で、高めではありますが、そもそもアイスクリームの乳固形分や乳脂肪分は、自然由来のたんぱく質になるので、急激な血糖値の上昇は起こりにくいんです。

なので、上手に食べれば体に悪い影響なく食べれるアイスと言えるんですよ◎

井村屋 あずきバー

 

昔からある大人気アイス「あずきバー」の原材料は実にシンプル!

砂糖、小豆、水あめ、コーンスターチ、食塩

以上!

 

人工甘味料も添加物も一切入っていない、体にいい安心アイスです。

カロリーや糖質は

  • カロリー:112キロカロリー
  • 糖質:25.6g

になりますが、あずきには食物繊維はポリフェノールが含まれていますから

  • 食物繊維:腸内環境改善効果、便秘の改善
  • ポリフェノール:抗酸化作用、アンチエイジン

などの効果がある他、ポリフェノールには、血糖値の上昇を抑える効果もありますから、体にいいアイスということに◎

 

あと、あずきバーって、めちゃめちゃ固いですよね?

そう簡単にはバクバク食べれない固さなので、食べ過ぎ防止にもなるかもしれませんよ*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭*

無添加 体に優しい 手作りアイスクリーム

 

ネット通販で購入できるこちらの「無添加 体に優しいアイスクリーム」もおすすめです。

こちらのアイスは、人工甘味料はもちろん保存料、着色料、香料、安定剤、乳化剤などの添加物も一切無添加!

 

また、素材にもこだわっていて「出来る限り無農薬の野菜や果物を使う」というポリシーのもと、作られているアイスになります。

 

ミルクアイスは、北海道産の牛乳と純生クリームを使った低脂肪のアイスクリームで、あずきのアイスについては、ご主人の奥様のご実家で作られた無農薬のあずきが使われているんですって(驚)

 

12種類のアイスから、お好みのアイスを8つチョイスできる素晴らしすぎるセット販売も魅力的☆

通常、アイスには賞味期限記載の義務はないんですが、こちらは完全に添加物ナシなので60日を目安に食べ切ることを推奨されています。

そんなところも安心な、体にいいおすすめアイスですよ(灬˘╰╯˘灬)♥。・゚

SUNAOのクッキーは太る?口コミやカロリー・糖質も調査!SUNAOのクッキーはカロリーが低くて、ダイエット中の人に人気のお菓子ですよね。 私も好きなんですが、本当に太らないのかちょっと心...
SUNAOのアイスは太る?口コミやカロリー・糖質も調査!私はSUNAOのアイスが好きでよく食べているんですが、本当に太らないのかちょっと気になっているんです。 そこで今回は、SU...
SUNAOのアイスの販売店は?コンビニで買える?価格についても!最近、SUNAOのアイスにハマっているんですが、売ってないお店もあって何軒か探し回ってしまうこともあるんです。 そこで今回...
治一郎のバームクーヘンはまずい?口コミや美味しい食べ方もご紹介!治一郎のバームクーヘンは有名ですが、美味しいのかまずいのか気になっている人も多いと思います。 そこで今回は、大人気「治一郎...

まとめ

SUNAOのアイスは体に悪いのか、人工甘味料や添加物などの成分について見てきました。

 

<SUNAOのアイスは体に悪い?人工甘味料は?>

SUNAOのアイスには人工甘味料のスクラロースが含まれているが、SUNAOアイスを1日にひとつ食べる程度であれば、この人工甘味料が体に悪い影響を与えるとは考えにくい

 

<SUNAOのアイスは体に悪い?添加物は?>

SUNAOのアイスには香料、安定剤、乳化剤、カロチン色素などの添加物が含まれているが、これはSUNAOのアイスだけでなく、ラクトアイスであれば、たいてい使われている添加物

また、国際基準や日本の法律で決めれた「毎日摂取しても体に悪い影響を与えることのない量」なので、体に悪い影響を与えるとは考えにくい

 

<SUNAOのアイスは体に悪い?成分は>

SUNAOのアイスの成分は

エネルギー 80キロカロリー/たんぱく質 2.7g/脂質 4.4g/炭水化物 19.9g(糖質 8.0g、食物繊維 11.9g)/食塩相当量 0.1g/カリウム 125mg/水分含有量 56.1g/リン 71mg

 

SUNAOのアイスが体に悪いのか否か、皆さまはどのような印象を受けましたか?

人工甘味料や添加物が使われているのは事実ではあるものの、私は「それほど心配せずに、食べちゃっていいんじゃないの?」という印象を持ちました(願望も含めw)

 

なんてったって、あのカロリーや糖質量ですからね~。

食べたい気持ちに素直(SUNAO)になって、SUNAOのアイスを楽しんじゃいましょう╰(*´︶`*)╯♡