野菜・果物・きのこ

冷凍枝豆は体に悪いし危険?デメリットや栄養・効能についても徹底解説!

冷凍枝豆ってお手軽だけど、手軽で便利な食べ物って、なんとな~く、体に悪いとか、危険なデメリットがありそうな気がしませんか?

 

そんなわけで今回は、冷凍枝豆について徹底調査(`・ω・´)ゞビシッ!!

冷凍枝豆は体に悪いし危険なのか、何らかのデメリットはあるのか、あと、冷凍枝豆の栄養や効能についても調べてみました。

 

この記事でわかること

・冷凍枝豆は体に悪いし危険なのか、デメリットは?

・冷凍枝豆の栄養や効能

・枝豆を食べ過ぎるとどうなるのか、適量について解説

・枝豆は太るのか、カロリーやたんぱく質

・枝豆は子供はいつから食べれるのか、妊婦は食べてもいいのか

・枝豆の薄皮は食べれるのか、栄養は?

・枝豆のさやは食べれるのか、栄養は?

・冷凍枝豆の解凍方法

・冷凍枝豆の美味しいレシピ

冷凍枝豆は体に悪いし危険?デメリットは?

冷凍枝豆は体に悪いし、危険でデメリットがあるのか。

結論を先に申しますと「冷凍枝豆が体に悪いとか、危険なデメリットがあるということはない」になります。

 

冷凍枝豆が体に悪いとか危険などと懸念される理由は、恐らく皆さん

  • 添加物が使われているのではないか
  • 外国産だから管理が不安
  • 栄養価が落ちているのではないか

などではないでしょうか(私もそうです!)

 

これらが原因で、体になんらかのデメリットが生じるのではないか?と、不安に思われている方が多いことと思います。

これらの危険は本当のところどうなのか、ひとつずつ解説させて頂きますね。

 

冷凍枝豆のデメリット①添加物が使われているのではないか

冷凍食品の中には、添加物が使われているものもたくさんありますが、冷凍の枝豆には添加物は使用されていません(実際に、我が家にある冷凍枝豆も「原材料:枝豆、塩」のみになっています)

冷凍枝豆をはじめとする「冷凍野菜類」は添加物がない、また少ない傾向にあるようですよ。

 

冷凍枝豆のデメリット②外国産だから管理が不安

外国産の野菜は、残留農薬や、有害物質混入など衛生管理の不安がありますよね。

 

事実、生の野菜売場では、原産地の記載が義務付けられているんですが、「中国産」と記載されている野菜は、売れにくいそうです。

その為、冷凍食品に外国産の野菜が使われることが多いとも言われています。

 

ただ、近年では、各メーカーがこれらの問題を危惧して、原産地に社員を派遣し、徹底した管理体制を行うなどの努力により、衛生管理レベルが高まっています。

パッケージの裏や、HPなどに、その旨を記載されているメーカーも多く見られますよね。

 

とはいえ、気になるようであれば、こちらのような国産の冷凍枝豆を選べばさらに安心◎

 

北海道産の冷凍枝豆になります。

国産というだけでなく瞬間冷凍していて、枝豆の品質が高いんです。

 

これなら体に悪いとか、危険なデメリットなどのモヤモヤ感は払拭されますよね。

美味しい&安心な冷凍枝豆を、心ゆくまでご賞味くださいね(⑅•ᴗ•⑅)

 

冷凍枝豆のデメリット③栄養価が落ちているのではないか

生の枝豆と比べると、冷凍枝豆は栄養価が落ちているのではないか、やっぱり生の枝豆の方が栄養豊富なのではないか・・そう、思いますよね?

ところが、これは間違いで、実は、急速冷凍することで、生の枝豆の栄養価をそのままキープすることができているんです。

 

しかも、冷凍枝豆をはじめとする冷凍野菜は、旬の時期に収穫し、急速冷凍されているので、栄養価が高い可能性が大!

生鮮売り場で、長時間店頭に置かれている生の野菜よりも、冷凍野菜の方が品質が良い場合もあるんですよ◎

 

冷凍枝豆が体に悪いとか危険などの心配は、ほぼないということが判明しました。

栄養もしっかり含んでいることも嬉しいですが、そんな冷凍枝豆には、どんな栄養や効能があるのか、次の項目で見ていきましょー!

 




スポンサーリンク







冷凍枝豆の栄養や効能は?

冷凍枝豆と生の枝豆の栄養に違いはないとのこと。

では、具体的に冷凍枝豆には、どんな栄養が含まれているのかというと

  • イソフラボン
  • ビタミンB1
  • 食物繊維
  • カリウム
  • 鉄分
  • 葉酸
  • メチオニン
  • オルニチン

などになります。

で、これらの栄養が、私達の体にどんな効能をもたらしてくれるのかといいますと・・

 

冷凍枝豆の効能①疲労回復効果

冷凍枝豆に含まれる「ビタミンB1」には、糖質の代謝をサポートする働きがあることから、疲労回復の効能が期待出来ます。

また、オルニチンには新陳代謝アップの効果もあり、これも疲労回復の効能に繋がりますよ☆

 

冷凍枝豆の効能②腸内環境改善効果

枝豆には食物繊維も含まれているので、便秘の改善やデトックス効果など腸内環境改善の効能も期待出来ます。

 

さらに食物繊維は、腸内環境改善だけでなく、大腸がん予防や、心筋梗塞予防、糖尿病予防などの生活習慣病予防の効能も期待できるんですよ( • ̀ω•́ )b ✧

 

冷凍枝豆の効能③二日酔い予防効果

冷凍枝豆のオルニチンには、肝機能改善効果があることから、二日酔い予防の効能が期待出来ます。

さらに、メチオニンやビタミンB1もアルコールの分解をサポートする効能がある!

 

居酒屋さんの定番メニュー「枝豆」は、理にかなっていることなんですね。

冷凍枝豆は、パパさん達の強み方と言えますが

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 暴飲暴食

なども肝機能にダメージがかかるので、オルニチンが強い味方になる!

なので、冷凍枝豆は、パパにもママにも嬉しい食べ物と言えるんですよ。

 

冷凍枝豆の効能④高血圧予防効果

冷凍枝豆に含まれるカリウムには、体内の塩分濃度を調整する効果があります。

その為、高血圧の予防や改善の効能が期待出来るんです。

また、カリウムには、体内の水分量も調整してくれる効果があるので、むくみ予防や改善の効能もあるんですよ (﹡’ω’﹡)

 

冷凍枝豆の効能⑤女性への効果が多い

冷凍枝豆には、女性への嬉しい効能を持つ栄養が、多く含まれているんです。

具体的には

  • 鉄:貧血予防
  • 葉酸:貧血予防、胎児の神経管閉鎖障害のリスク軽減
  • イソフラボン:PMSの緩和、更年期障害の緩和、骨粗鬆症予防

など。

 

特に、イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きがあり、健康への効能だけでなく

  • 美肌効果
  • 美髪効果

などがあることでも知られていますよね。

サプリメントで摂っている方もいらっしゃるかもしれません(はい、私ですw)

冷凍枝豆には、そんな女性に嬉しい効能がギュッと詰まっているんですよ(ღˇᴗˇ)。o♡

 

冷凍枝豆の効能⑥ダイエット効果

そう、実は、冷凍枝豆はダイエットの効果も期待できるんです。

ダイエットに効能がる栄養はこちら

  • ビタミンB1:糖質の代謝をサポート(ご飯やパンなどの糖質をしっかり燃焼してくれます)
  • 食物繊維:デトックス効果(食べ物の消化や吸収のコントロール効果もアリ)
  • カリウム:むくみ予防(むくみが改善されることで、代謝がアップするため痩せやすくなります)

 

冷凍枝豆、かなり優秀食材かも。

冷凍枝豆で、健康&美肌、そしてダイエット成功もゲットしちゃいましょう٩(๑> ₃ <)۶♥

 




スポンサーリンク







枝豆を食べ過ぎるとどうなる?適量についても解説!

嬉しい栄養や効能がたっぷりな冷凍枝豆ですが、食べ過ぎには注意が必要です。

まず、冷凍枝豆の適量は「1日あたり100g程」になります。

100gとは、大きさにもよりますが20~30個程(←さやごとの個数で、枝豆の豆の個数ではありません)

で、食べ過ぎちゃうとどんな体に悪い影響やデメリットがあるのかというと・・

 

食物繊維の過剰摂取

冷凍枝豆には食物繊維が含まれています。

食物繊維は嬉しい効能たっぷりの栄養になるんですが、消化が良くないので、食べ過ぎてしまうと

  • 下痢
  • 腹痛

を引き起こす可能性があります。

 

消化が良くない冷凍枝豆は、よく噛んで食べるのが◎!

そうすることで、食べ過ぎを防ぐこともできるはずですよ(๑•᎑•๑)

 

塩分の過剰摂取

冷凍枝豆を食べ過ぎると、塩分の過剰摂取に繋がるので注意が必要です。

塩分の過剰摂取は

  • 高血圧
  • むくみ
  • 腎臓疾患
  • 心疾患

などに繋がる可能性があります。

 

冷凍枝豆は、予め塩味が付いているものが多いので食べ過ぎはNG!

食べる際に塩を振る習慣がある方は、要注意ですよ。

 

イソフラボンの過剰摂取

女性に嬉しい効能たっぷりな栄養「イソフラボン」ではありますが、過剰に摂取してしまうと、肌荒れの原因になると言われています。

適量であれば美肌への効能が期待できるイソフラボンですから、適量を守るようにしましょう♡

 

美味しくて手軽に食べれる冷凍枝豆なので、つい手が伸びてパクパクと無限に食べ過ぎてしまいがちだったりもしますよね?

ふと、気付いたら、冷凍枝豆の空のさやがたんまりあって、驚いたり(笑)

 

どんな食べ物もそうですが、どんなに栄養や効能がたっぷりでも、食べ過ぎてしまうと逆効果で、体に悪いデメリットを与える可能性があります。

食べ過ぎ注意で、上手に冷凍枝豆を楽しみたいですよねヾ(´︶`*)ノ♬

 




スポンサーリンク







枝豆は太る?カロリーやたんぱく質は?

結論を先に申しますと「冷凍枝豆は、太る食べ物ではありません」

冷凍枝豆のカロリーは100gあたりわずか134キロカロリーなので、かなり低カロリーな食べ物なんです。

 

さらに、冷凍枝豆のすごいところは、野菜でありつつたんぱく質をしっかり含んでいるところ。

冷凍枝豆100gあたりのたんぱく質量は、11.5g(可食部)になり、これは野菜のなかでNO1の含有量になります。

 

たんぱく質が多いということは、ダイエット中で筋トレに励んでいる方に、とてもおすすめの食べ物!

たんぱく質は、良質な筋肉を作るのにとても大切な栄養になるんですよ。

 

さらに、冷凍枝豆は糖質が100グラムあた4.3gと、とても少ない点からも、太りにくい食べ物といえるんですよ*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭*

 

枝豆は子供はいつから食べれる?妊婦は食べてもいい?

冷凍枝豆は、子供の場合「離乳食初期」から、食べても大丈夫になります。

ただ、そのままはもちろんNG!

離乳食として

  • 第一段階:柔らかく茹でて、薄皮を取り除き、潰してポタージュにする
  • 第二段階:柔らかく茹でて、薄皮を取り除き、包丁で細かくみじん切り、またはすり鉢で潰す

など、ステップを踏んで与えるようにしましょう。

はじめて与える場合は、大豆アレルギーがでることもあるので、注意をしてくださいね。

 

枝豆は、食物繊維が多いので、食べ過ぎには注意が必要ですが、栄養価が高い食べ物なので、お子さんにもおすすめの食べ物になりますよ♪

 

妊婦は食べてもいい?

栄養たっぷりな冷凍枝豆は、妊婦さんにもおすすめの食べ物です。

具体的には

  • 良質なたんぱく質が含まれている
  • 葉酸が含まれている(胎児の先天性異常のリスクを低減させる)
  • 鉄分が含まれている(貧血を予防する)
  • カリウムが含まれている(妊娠高血圧症予防や、妊娠中のむくみを予防する)

などで、特に葉酸については、冷凍枝豆100gで、妊娠中に必要な1日分の葉酸の半分を摂取することができるんです。

 

ただし、食べ過ぎには注意が必要で、冷凍枝豆を食べ過ぎてしまうと

  • イソフラボンの過剰摂取:妊娠中にイソフラボンを過剰に摂取してしまうと、ホルモンバランスが乱れて、胎児の成長に影響を与える可能性がある
  • 塩分の過剰摂取:妊娠中に塩分を過剰に摂取してしまうと、妊娠高血圧症に繋がる可能性がある

などが、その理由。

 

枝豆100gには30mg程のイソフラボンが含まれているんですが、妊娠中のイソフラボンの摂取量の上限は、1日あたり70~75mgとされています。

冷凍枝豆はもちろん、それ以外からもイソフラボンを摂取している方は、要注意ですよ。

 

枝豆の薄皮は食べれる?栄養は?

冷凍枝豆の薄皮は、食べることができます!

しかも、薄皮の栄養は?というと、ほぼ「食物繊維」になるんです。

なので、便秘改善の効能の期待が大!(食べ過ぎちゃ、ダメだけどね)

 

ただ、反対に

  • 胃腸が弱っている方
  • 胃腸が弱い方
  • しっかり噛むことができない方

は、冷凍枝豆の薄皮は注意が必要ですよo(。・‧̫・。)o

 

枝豆のさやは食べれる?栄養は?

枝豆のさや・・あの、固くて産毛のような毛が生えてるさやですが、このさやも食べることはできます。

でも、さやには農薬がついている可能性があるので、食べる前にはしっかりと洗いましょう!

特に冷凍枝豆の場合は、原産地をチェックして国産のものを買ったほうがいいかもしれませんよね~。

 

で、さやの栄養は?というと、βカロテンが豊富なのだとか。

βカロテンには、抗酸化作用や免疫力アップの効能が期待できるほか、体内でビタミンAに変換されて皮膚の健康維持や視力改善などの効能も期待出来ます◎

 

・・といっても、あの固いさやを食べるって、想像がつきませんよね?(とりあえずマズそうとしかw)

なので、ひと工夫して

  • 素揚げ、または小麦粉をつけて揚げる
  • ミキサーですりつぶしてスープにする

などで、食べるのがおすすめです。

うん、これなら食べれそうな気もしますが、さやが黒ずんでいる場合は、傷んでいる可能性があるので、注意をしてくださいね(*´∇`*)

 

冷凍枝豆の解凍方法!

冷凍枝豆の解凍方法は4つ程あります。

 

①自然解凍(常温に食べる分だけの冷凍枝豆を出しておく)

  • メリット:簡単、枝豆本来の固さや旨味を感じることができる
  • デメリット:時間がかかる(常温で1~2時間程)

 

②茹でて解凍(熱湯で1分程茹でて、ザルにあげる)

  • メリット:簡単にすぐ解凍できる
  • デメリット:柔らかくなってしまう可能性がある、お湯に流れ出てしまう栄養がある

 

③流水解凍(流水に5分前後さらしておく)

  • メリット:簡単にすぐ解凍できる
  • デメリット:水道代がもったいない

 

④レンジで解凍(皿に平らに乗せてラップをし、200gの場合500Wで3分程加熱する)

  • メリット:すぐに解凍できる
  • デメリット:解凍具合にムラができる

など。

 

ちなみに、わたしはいつもボウルに水を入れ、その中にビニール袋に入れた冷凍枝豆を入れて30~40分ほど放置しています。

流水ではないので、水道代もそれほどかかりませんし、ビニールに入れることで塩味をキープしつつ解凍できますよ(※あくまで、私流の方法で、正式な解凍方法ではありませんのであしからず<(_ _)>)

 

冷凍枝豆の美味しいレシピ!

手作りずんだ餅

 

材料

  • 冷凍枝豆 (さや付き) 100g
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • 切り餅 2個

 

作り方

  1. 冷凍枝豆を解凍して中身を取り除いて、薄皮も取る
  2. フードプロセッサーに1の枝豆と砂糖と塩を入れて混ぜる(少し食感が残るくらいが◎)
  3. 様子を見ながら、水を少し入れてお好みのペースト具合する
  4. 耐熱容器に切り餅を入れて水を少量回しかけて、電子レンジ(600w)で1分〜1分30秒加熱する
  5. 4の水気を捨てて器に盛り、3をトッピングする

 

仙台名物ずんだもちが、お家で作れちゃうとは、驚き!

これは、お子さんが喜びそうだよね~。

作りたてが風味豊かで美味しいそうなので、お子さんと一緒に作って食べてもいいかも。

薄皮を取り除いてペースト上にするので、枝豆に慣れてないお子さんでも安心ですよね♪

 

冷凍枝豆でなめらか「ずんだコロッケ」

 

材料

  • 冷凍枝豆(むき身) 150g(解凍して薄皮を取る)
  • じゃがいも 1個(100g)(皮をむいて6等分にして、水にさらす)
  • 牛乳 大さじ3杯
  • 塩こしょう 少々
  • ベーコン 2枚(15g)(みじん切り)
  • 小麦粉 適量
  • 卵 1個
  • パン粉 適量
  • サラダ油 適量

 

作り方

  1. 豆はすり鉢でなめらかになるまでつぶす(※すり鉢がない場合は、マッシャーやフォークでできるだけ潰す)
  2. ボウルにじゃがいもを入れ、ふんわりラップをかけてレンジ600Wで5分加熱して、マッシャーでなめらかになるまでつぶす
  3. 1を2に加えてさらにマッシャーで混ぜながらつぶし、牛乳と塩こしょうを加えてなめらかになるまで混ぜ合わせる
  4. ベーコンを加えて軽く混ぜて6等分にして、ピンポン球より少し大きめの球状に成形する
  5. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつけ、180℃の揚げ油で全体がきつね色になるように揚げて、油を切ったら完成

 

ずんだ・・からの、コロッケ~!

これも、美味しそう~。

枝豆は温かいうちにすりつぶすと、すりぶしやすいそうですよ~。

冷凍枝豆のグリーンとベーコンのピンクで色味もgood。

ご家族みんなが喜びそうな、美味しい冷凍枝豆レシピです☆

松茸の生焼けは危険?生食できる?食べ過ぎには注意!秋に食べたくなるのが高級食材の松茸。 香りが良く、薄めで上品な味が特徴的ですね。 少々お値段が張りますので、あまり食...
メンマは冷凍保存できる?保存期間や解凍方法についても詳しく解説!友達からラーメンをもらったので、スーパーでメンマを購入。 そのメンマがガッツリあまってる(´-﹏-`;) このあまっ...
業務スーパーの冷凍アボカドはまずい?評価や使い方をご紹介!美味しい上に美容や健康にいいアボカドは、女子に大人気な食材! 私も、積極的に普段の食事にとりいれたいと思っているんですが、アボカド...
業務スーパーの冷凍野菜はまずい?おすすめや危険性についても解説!先日、我が家の近所に業務スーパーができたんです。 かねてから「業務スーパーの冷凍野菜が便利」という話しを聞いていたので、さっそく行...

まとめ

冷凍枝豆は体に悪いし危険なのか、デメリットや栄養、効能などを見てきました。

 

<冷凍枝豆は体に悪いし危険なのか、デメリットは?>

冷凍枝豆が体に悪いとか、危険なデメリットがあるということはない

  • 添加物が使われているのではないか
  • 外国産だから管理が不安
  • 栄養価が落ちているのではないか

などの心配もない。

外国産であることが気になるようなら、国産の冷凍枝豆を買うのが◎

 

<冷凍枝豆の栄養や効能>

冷凍枝豆には

  • イソフラボン
  • ビタミンB1
  • 食物繊維
  • カリウム
  • 鉄分
  • 葉酸
  • メチオニン
  • オルニチン

などの栄養が含まれていて、これらの栄養には

  • 疲労回復効果
  • 腸内環境改善効果
  • 二日酔い予防効果
  • 高血圧予防効果
  • 女性への効果
  • ダイエット効果

などの効能が期待できる

 

冷凍枝豆は体に悪いとか危険ということはなく、不安だったデメリットについても「心配はいらない」と、判明しました!

冷凍枝豆は、簡単に食べれるのに、生の枝豆と同様の栄養や効能が摂れるってところも、嬉しい!

これからも、冷凍枝豆常備は決定(笑)

上手に食べて、ますます健康になっちゃいましょう╰(*´︶`*)╯♡