野菜・果物・きのこ

フルーツの缶詰の栄養は?成分やデメリットについても詳しく解説!






スポンサーリンク







「健康や美容の為に、毎日、フルーツを食べたい」皆さん、そう思いますよね?

私もそうなんですが、フルーツって、意外と高価だったり、食べ切れずに残ってしまったり、旬や当たり外れがあったりと、毎日しっかり食べるのって、なかなか難しかったりしませんか?(´-﹏-`;)

そこで便利なのが、フルーツの缶詰!

フルーツの缶詰なら、値段も安定してるし、日持ちするし、美味しいしと、良いことづくめなんだけど、フルーツの缶詰って栄養的にはどうなんだろ?

 

そこで今回は、フルーツの缶詰の栄養について徹底調査!

フルーツの缶詰の成分や、デメリットなども一緒に調べてみました。

 

この記事でわかること

  • フルーツの缶詰の栄養
  • フルーツの缶詰の成分
  • フルーツの缶詰のデメリット
  • フルーツの缶詰と生の果物との栄養の違い
  • フルーツの缶詰はダイエット向きか
  • 砂糖不使用のフルーツの缶詰
  • フルーツの缶詰を毎日食べてもいいのか





スポンサーリンク













フルーツの缶詰の栄養は?

フルーツの缶詰に含まれている栄養は、みかんと白桃、パイナップルのフルーツの缶詰(可食部100gあたり)で見てみると・・

ビタミン類

みかんの缶詰 白桃の缶詰 パイナップルの缶詰
カロテン(μg) 410 12
ビタミンE(mg) 0.5 1.2
ビタミンK(μg)
ビタミンB1(mg) 0.05 0.01 0.07
ビタミンB2(mg) 0.02 0.02 0.01
ナイアシン(mg) 0.2 0.3 0.3
ビタミンB6(mg) 0.03 0.01 0.06
葉酸(μg) 12
パントテン酸(mg) 0.09 0.07 0.06
ビタミンC(mg) 15

 

ミネラル&食物繊維

みかんの缶詰 白桃の缶詰 パイナップルの缶詰
ナトリウム(mg)
カリウム(mg) 75 80 120
カルシウム(mg)
マグネシウム(mg)
リン(mg)
鉄(mg) 0.4 0.2 0.3
食物繊維(mg) 0.5 1.4 0.5

になります。

 

缶詰のフルーツにも、けっこう栄養が含まれていることがわかりますよね。

生の果物との違いについては、後程詳しくご紹介させて頂きますが、フルーツの缶詰は、収穫後、数時間以内に缶詰にされているものも多く、生の果物と比べて、減ってしまっている栄養もありますが、残っている栄養価も意外と多くあるんです。

 

みかんの缶詰には、カロテンの他、ビタミンCや食物繊維、ビタミンEやカリウムが含まれていますし、パイナップルの缶詰については、カリウムが豊富なので、むくみの改善や、高血圧予防が期待できます。

 

さらに、白桃には、カテキンも含まれていて「抗酸化作用」が期待出来るんです。

あと、桃の缶詰といえば「黄桃」もありますが、黄桃も白桃とほぼ同じ栄養価になり、プラス黄桃には「カロテノイド」が含まれているので、より抗酸化作用が高くなります。

 

でね、缶詰の桃には、生の桃よりビタミンCが多く摂れるというメリットもあるんです。

その理由は、缶詰にする製造工程の中で

桃の細胞膜が壊れる→人間の体が吸収しやすくなる

からで、風邪を引いた時などに、桃缶を食べることがよくありますが、あれは理にかなった習慣になるんですよ*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭*

スポンサーリンク




フルーツの缶詰の成分は?

次に、フルーツの缶詰の栄養成分を見ていきましょう!

生の果物の栄養成分と比較してみますね(いずれも可食部100gあたり)

※糖質量は、炭水化物から食物繊維量を差し引いた数字を記載しております。

 

<みかんの栄養成分>

みかんの缶詰 生のみかん
エネルギー 64キロカロリー 46キロカロリー
たんぱく質 0.5g 0.7g
脂質 0.1g 0.1g
炭水化物 15.3g 12.0g
糖質 14.8g 11g

(生のみかんは、果皮を剥いてじょうのう膜は付いた状態の数字です)

 

<白桃の栄養成分>

白桃の缶詰 生の白桃
エネルギー 85キロカロリー 40キロカロリー
たんぱく質 0.5g 0.6g
脂質 0.1g 0.1g
炭水化物 20.6g 10.2g
糖質 19.2g 8.9g

 

<パイナップルの栄養成分>

パイナップルの缶詰 生のパイナップル
エネルギー 76キロカロリー 51キロカロリー
たんぱく質 0.4g 0.6g
脂質 0.1g 0.1g
炭水化物 20.3g 13.4g
糖質 19.8g 11.9g

 

フルーツの缶詰は、甘いシロップ漬けになっている為、カロリーや糖質が生のフルーツよりも、アップしてしまうという特徴がありますよね( •⌄• )◞

スポンサーリンク




フルーツの缶詰のデメリット

美味しくて便利なフルーツの缶詰ではありますが、いくつかデメリットもあります。

それは

  • カロリーが高い
  • 添加物が入っている
  • 産地が不安

など。

 

ひとつずつ見ていきましょう!

デメリット①カロリーが高い

先程、成分の項目でご紹介した通り、フルーツの缶詰はシロップ漬けにされている為、生の果物に比べると高カロリーになります。

 

シロップに漬けておくことで、水分に微生物が付くことを防ぎ、品質を保つことができるんですが、シロップには糖分が含まれている為、カロリーも糖質も高くなってしまうんです。

フルーツの缶詰は、食べ過ぎると太る、また生活習慣病などに繋がる可能性があるので、注意が必要ですよ☆

デメリット②添加物が入っている

フルーツの缶詰には、フルーツだけでなく様々な原材料があり、添加物が入っている物もあります。

 

人気のフルーツ缶詰「みかん」の原材料を見てみると・・

フルーツの缶詰 原材料
はごろも 朝からみかん みかん(中国)、糖類(ぶどう糖化糖糖液糖、ガラクトオリゴ糖)、クエン酸、香料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)
リリー 九州産 温州みかん うんしゅうみかん、砂糖、ぶどう糖化糖液糖、クエン酸
Dole みかん みかん、砂糖、クエン酸、安定剤(メチルセルロース)
朝日 みかん みかん、砂糖、酸味料、安定剤(メチルセルロース)
K&K みかん みかん(愛媛県)、砂糖、クエン酸

となっています。

 

缶詰によっても異なりますが、けっこう色々なものが入っていますよね。

添加物については、厚生労働省により、安全性の確保はなされていますが、フルーツの缶詰には、生の果物では摂取することのない「添加物」などが多々入っている点が、デメリットといえますよね(๑•᎑•๑)

デメリット③産地が不安

フルーツの缶詰は「産地が記載されていない、または外国産のものが多い為、不安に感じる」というデメリットもあります。

実際のところ、安価な外国産のフルーツを使っている缶詰も多いんです。

 

ただ、しっかりと産地を明記している缶詰もあるので、心配な場合は、原材料をしっかりチェックするのが◎!

上記のように「九州産」「愛媛県」などと書かれている缶詰もあるので、産地の記載がある缶詰を選ぶようにしましょう(﹡ˆᴗˆ﹡)

スポンサーリンク




フルーツの缶詰と生の果物との栄養の違いは?

先程ご紹介した「フルーツの缶詰の栄養」、これを生の果物の栄養と比較してみましょう(それぞれ可食部100g)

 

ビタミン類

みかんの缶詰 生のみかん 白桃の缶詰 生の白桃 パイナップルの缶詰 生のパイナップル
カロテン(μg) 410 1000 12 38
ビタミンE(mg) 0.5 0.4 1.2 0.7
ビタミンK(μg)
ビタミンB1(mg) 0.05 0.10 0.01 0.01 0.07 0.09
ビタミンB2(mg) 0.02 0.03 0.02 0.01 0.01 0.02
ナイアシン(mg) 0.2 0.3 0.3 0.6 0.3 0.2
ビタミンB6(mg) 0.03 0.06 0.01 0.02 0.06 0.10
葉酸(μg) 12 22 12
パントテン酸(mg) 0.09 0.23 0.07 0.13 0.06 0.23
ビタミンC(mg) 15 32 35

 

ミネラルなど

みかんの缶詰 生のみかん 白桃の缶詰 生の白桃 パイナップルの缶詰 生のパイナップル
ナトリウム(mg)
カリウム(mg) 75 150 80 180 120 150
カルシウム(mg) 21 11
マグネシウム(mg) 11 14
リン(mg) 15 18
鉄(mg) 0.4 0.2 0.2 0.1 0.3 0.2
食物繊維(mg) 0.5 1.0 1.4 1.3 0.5 0.5

になります。

 

フルーツの缶詰は、生の果物よりも減ってしまう栄養は多いですが、全く栄養価が無くなってしまうわけではないんです。

 

その他、主な違いとしては

  • パイナップルは缶詰にすることで、酵素(プロメニン)が失われる
  • 桃は缶詰にすることで、ビタミンCが吸収しやすくなる為、数字上では生の桃の方がビタミンCは多いが、実際は缶詰の方がビタミンCを多く摂取できる

などがありますよ☆

スポンサーリンク




フルーツの缶詰はダイエット向き?

フルーツの缶詰はダイエット向きか、この答えは「フルーツの缶詰は、生の果物に比べるとカロリーや糖質が高いので、ダイエット向きではない」といえます。

ですが、その一方で「生の果物よりも減ってはしまうが、フルーツの缶詰には栄養価があるので、ケーキやスナック菓子などを食べるよりはダイエット向き」ともいえるんです。

 

なので、ダイエット中にフルーツの缶詰を食べる場合は

  • シロップは食べない、またフルーツに付いてるシロップも洗い流す
  • 食べ過ぎに注意して、少しだけ食べる

など、ひと工夫するのがおすすめですよ(๑•ω-๑)

スポンサーリンク




フルーツの缶詰で砂糖不使用はある?

砂糖が使われている点が気になるフルールの缶詰ですが、実は、フルーツの缶詰には砂糖不使用のものあります!

Lily Casual パインアップルスライス

 

Lily Casualの「パインアップルスライス」です。

こちらのパイナップルの缶詰は、シロップ漬けではなく「100%ストレートのパインジュース」に漬けてあるので、砂糖不使用!

 

原材料も

  • パインアップル
  • パインアップル果汁
  • クエン酸

と、とてもシンプルな缶詰になります。

パインジュースは、搾汁してから2時間以内の新鮮なジュースを重鎮してあるので、素材そのものの味が楽しめますよ。

 

口コミも

  • ちょうどいい甘さで美味しい
  • 砂糖不使用だから汁まで飲める
  • 甘すぎないから美味しい

などと高評価◎

美味しいパイナップルの缶詰を、ぜひご堪能くださいね☆

Dole ドール ピーチカップ

 

Doleの「ピーチカップ」です。

こちらは缶詰ではないんですが、砂糖不使用のカップフルーツなので、缶詰と同様に手軽に食べられます。

 

原材料は

  • もも
  • ぶどう濃縮果汁
  • アセロラ濃縮果汁
  • レモン濃縮果汁
  • 香料

で、砂糖不使用◎

そのまま食べても、ヨーグルトやグラノーラなどと一緒に食べてもgoodなフルーツになります。

 

Doleのフルーツだから、美味しい予感満載ですよね。

砂糖不使用の美味しいフルーツを、ぜひご家族で味わってくださいね♪

スポンサーリンク




フルーツの缶詰を毎日食べるのはよくない?

フルーツの缶詰は、シロップ漬けされている物が多く砂糖を含むので、毎日食べるとカロリーや糖質過多になる為、注意が必要といえます。

 

果物は「毎日200g食べる」ことが推奨されていますが、できればこれは「生の果物」で摂ることがおすすめです。

ただ、フルーツの缶詰にも、生の果物には劣るものの栄養価は含まれていますし、長期間保存できるという便利な点もあります。

なので「メインは生の果物を食べつつ、時にはフルーツの缶詰も取り入れる」など、上手に食べ分けるのが◎になりますよ*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭*

マーマレードの食べ過ぎは体に悪い?効果やおすすめもご紹介!毎日の朝食にジャムが欠かせない、我が家。 中でも、最近家族でハマっているのが「マーマレード」 ちょっと苦みがある爽やかな味が...
ラズベリーは食べ過ぎ注意?栄養・効果や美味しい食べ方も徹底解説!先日、ご近所さんから大量のラズベリーを頂いた我が家。 なんでも、お庭にラズベリーが植わっていて、たくさんの実をつけたんですって。 ...
業務スーパーの冷凍野菜はまずい?おすすめや危険性についても解説!先日、我が家の近所に業務スーパーができたんです。 かねてから「業務スーパーの冷凍野菜が便利」という話しを聞いていたので、さっそく行...

まとめ

フルーツの缶詰の栄養や、成分、デメリットなどを見てきました。

 

<フルーツの缶詰の栄養>

フルーツの缶詰は、収穫後、数時間以内に缶詰にされているものも多く、生の果物と比べて減ってしまっている栄養もあるが、残っている栄養もある

 

<フルーツの缶詰の成分>

フルーツの缶詰は、甘いシロップ漬けになっている為、カロリーや糖質が生のフルーツよりもアップしてしまう

 

<フルーツの缶詰のデメリット>

フルーツの缶詰のデメリットは

  • カロリーが高い
  • 添加物が入っている
  • 産地が不安

など

 

フルーツの缶詰って、意外と栄養が残っているものなんですね。

私、かなり缶詰を見直してしまいました!笑

 

砂糖が使われているものだと、カロリーや糖質が気になりますが、フルーツの缶詰も上手に取り入れていきたいですよね。

缶詰も生もバランスよく頂きつつ、フルーツの栄養パワーを美味しくチャージしちゃいましょう╰(*´︶`*)╯♡












スポンサーリンク